子供と一緒に成長するランドセル

1年生の時はピカピカだったランドセルも、子供の成長と共に色合いが落ち着いて革がより馴染んできます。子供はランドセルと共に成長するといっても過言ではありません。ランドセルを投げたりしないと教えたりしながら、子供は物の大切さを知るのです。

牛革のランドセルの特徴

子供

ランドセルで1年生としての自覚を持たせる

今では小学生といってもみんなランドセルを持っているとは限りません。リュックや手持ちの鞄など選択肢が非常に増えています。今のお父さんやお母さんが子供の頃は男の子は黒いランドセル、女の子は赤いランドセルでみんな統一されていました。それが良いことか悪いことかというのはわかりませんが、あの頃はランドセルを背負うと、小学生になったという自覚が湧いてきました。男の子は牛革のランドセルを背負うことによって、これから1年生なり勉強がんばるという気持ちが湧いてきたものです。

ランドセルの存在が見直されてきている

最近では、やはり子供にはランドセルを持たせたいという親御さんが大変増えています。ランドセルか持つさまざまなメリットがわかってきたからです。子供の発育という観点から、ランドセルが非常に優れているということを知っていますか。これはどういうことかというと、まずランドセルは重さが左右対象にかかるので、成長期の子供の発育を妨げることが無いのです。左右にバランスよく背負うことで、子供の体は健全な発達をすることができます。紐が片方しかついていない鞄などの場合、どちらかの肩に負担が多くかかってしまい、バランスが悪くなってしまいますが、ランドセルではそういった問題は起きません。また、ランドセルは軽すぎないので、子供の肩だけに負担がくることを極力抑えることができます。こういった理由から子供の成長にはランドセルがかかせないのです。

怪我を防ぐランドセル

ランドセルはその構造上、非常に丈夫なので子供が転倒しても安心です。特に男の子はわんぱくに走り回ったり、暴れ回ったりする子が多いですよね。通学中や下校中に転ぶこともたくさんあるでしょう。そんな時普通のリュックサックであれば衝撃を吸収してくれることはないですが、牛革のランドセルであれば子供の体にフィットします。衝撃を吸収してくれるので怪我などを最小限に抑えてくれます。車などとぶつかってしまい、後に飛ばされてしまった場合も、ランドセルであれば頭を強く打つことなく、首や後頭部に怪我を負う可能性が少ないです。ランドセルは事故や転倒などから子供を守ってくれます。また、誘拐犯などもランドセルを背負う子供は重いのでターゲットにすることが少ないというデータもあります。防犯という観点からも、ランドセルは非常に優れているのですね。

色のバリエーションが非常に増えてきている

今のお父さんや母さんが子供の頃は、黒と赤のランドセルが主流だったと思います。しかし今は色にバリエーションが増えています。緑からピンクまで子供の好きな色を選ぶことができるのです。個性を尊重する教育といった意味合いもあるのでしょう。個性を尊重しながらも子供の体はしっかり守るランドセル。そういった意味では今も昔もありがたみは変わらないのかもしれません。

【PR】
ランドセルなら牛革が良い
高品質なので壊れにくい!【PR】
男の子にランドセルを贈ろう!
いいものを購入できるサイトを厳選紹介!