小学校生活を最高の思い出に

周り人がしっかりとサポートしてあげれば、子供の小学校生活はとてもいい思い出になります。これからお子さんが1年生になる方は、子供がなるべく楽しく生活ができるように、まずはランドセル選びから始めましょう。

子供の小学校生活を支える

毎日子供の話を聞く

子供が学校から帰ってきたり、遊びに行ってから帰ってきたりした時は、必ず子供の話を聞いてあげましょう。小学校低学年であれば、まだ話すのが下手かもしれませんが、親がしっかりと聞き手に回り、子供の話を聞いてあげましょう。子供の様子がいつもと違うようであれば、そのことについて優しく確認してみましょう。

仲の良い友達を確認しておく

子供がいつも遊んでいる友達の名前などを確認しておきましょう。その友達が家に来たときは、どのように遊んでいるか観察すると良いでしょう。子供は友達の影響を受け易いので、遊びに関しても多少は親が見守ることが大事です。悪いことをしているようであればしっかりとしかりましょう。

給食をしっかりと食べているか

子供が給食をしっかり食べているか確認しましょう。成長期の食事はとても大事です。学校で好き嫌いなくしっかり食べているか確かめてみましょう。いつも残したりしているという場合は、家の食事でも苦手な物を克服するということを考えた方が良いかもしれません。

先生との関係性

子供が学校の話をするときに、先生に関してどのように話しているかよく注意してみましょう。先生の話を嬉しそうにするのであれば、先生の関係は非常にうまくいっていると言えるでしょう。逆に先生の話なると、浮かない顔をしたり、あまり話したがらないというような場合は、先生とうまくいっていないのかもしれません。家庭訪問の時にしっかりと確認してみましょう。

危ない場所は教えておく

小学校への通学路や、子供がよく行く遊び場で危険なところがあれば、そこが何故危険なのか子供にしっかり教えておきましょう。この時に近づいてはいけないということだけ教えるのではなく、どうして危険なのか、どうなってしまうのかといったことを具体的に教えるのが良いでしょう。子供に真剣さが伝わりやすくなります。

みんながランドセルを選ぶポイント

no.1

どんな素材を使っているか

どんな素材を使っているかというのは、ランドセル選びでとても重要です。現在は大きく分けて3つの素材があります。クラリーノと呼ばれる人工の素材、牛革、コードバンです。クラリーノは軽く、種類が豊富で水に強いという特徴があります。コードバンは重く、かなり丈夫に作られています。牛革は丁度この2つの中間の特徴になっており、昔から愛されている素材であります。

no.2

色やデザイン

色やデザインもランドセルを選ぶ上で非常に重視されているポイントになります。ランドセルの色やデザインは増えてきましたが、現在は割とシンプルなデザインが好まれるようになっています。その年によって流行色が違い、売れやすいランドセルの色は多少異なりますが、6年間使うので途中で飽きないかということも考えて、あまり奇抜なものを買う人が少なくなってきたようです。

no.3

ランドセルの値段

ランドセルは決して安い買い物ではないので、買う時にビクビクしてしまうというお父さんお母さんもいらっしゃると思います。もちろん最高級品などは買う必要は無いですが、6年間持たせることを考えてあまり安いものは控えましょう。安いものには補強がしっかり入っておらず、壊れやすいものが多いです。少し高めのものになると負荷がかかりやすい部分にしっかりと補強が入っているので、わんぱくな小学校生活でも6年間通して使用することができます。職人のこだわりが価格に反映されていると知りましょう。

no.4

どれぐらい丈夫かということ

ランドセルがどれぐらい丈夫かということも、選ぶための重要なポイントの1つです。どういう点を見ていけばいいかというと、肩のベルトがどれだけしっかりと付いているかというところです。肩のベルトは特に壊れやすいので、この部分がしっかりと補強されているかどうかが非常に大事です。できれば職人が手縫いしているタイプの方が、強度という面で安心できます。いろいろなランドセルを見ながら気に入ったものをいくつかピックアップし、肩のベルトの部分が丈夫そうなものを買いましょう。

no.5

ランドセルの重さ

最近では技術の進歩もあり、非常に軽いランドセルが増えてきました。もちろん軽いことは子供にとって良い事ですが、軽過ぎるものには注意しましょう。軽過ぎる場合は耐久性や安全面が高くないことがあります。ランドセルは軽すぎず重すぎず、心と体をしっかり支えられるものにしましょう。

ランドセルの選び方

ランドセル

ランドセル選びはとても重要

ランドセルは子供が6年間背負うものなので、子供の小学校生活を支えられるつくりになっていなければなりません。どのように選んでいけばいいのでしょうか。子供の快適な学校生活のために、ランドセルを選ぶ上で大切なポイントを紹介していきたいと思います。これから1年生になる男の子や女の子がいらっしゃる方はぜひ参考にしてください。

ランドセルの種類が増えている

今のお父さんやお母さんが子供の頃に比べると、ランドセルの種類は格段に増えています。色も黒や赤以外のものが増え、デザインも多岐に渡っています。値段も安いものから高級品までかなり幅広く、昔に比べてランドセル選びは難しくなってきています。そういった点を踏まえながら、たくさんの種類の中から良いランドセルを選びましょう。

日々進化するランドセル

ランドセルも日々進化しており、主に機能面などが変わってきました。以前のものに比べて、現在のランドセルはとても体にフィットするように作られています。重さに関してもかなり軽量化されているタイプが出てきました。ある程度軽いものに関しては子供にとっても良いですが、軽過ぎる場合は肩にかかる圧力が分散されづらくなるので、その点も踏まえて子供が背負いやすいものを選びましょう。使いやすさという点でも、以前のものに比べて教科書や文房具の出し入れが簡単にできるようになってきました。特に牛革などを使用した伝統的のタイプのランドセルに関しては、ランドセル職人が日々研究を重ねています。子供の成長をサポートしているのは、親はもちろんそうですが、ランドセルを作っている人達も貢献していると言えるでしょう。

理想のランドセルを知る

理想のランドセルがどんなものか知ることによって、子どもにどんなランドセルをプレゼントすればよいかわかってくるでしょう。世の中のお父さんお母さんがランドセルを買うときに、どういったところに注意して購入しているのか知りましょう。たくさんあるランドセル中でも迷わなくなるはずです。子供の生活面や勉強、安全面まで支えられるランドセルはどういうものなのでしょうか。インターネットの口コミやランキングなども参考にしましょう。近所に小学生の子どもがいる家庭があれば、どんなランドセル使っているか聞いてみるのも良いでしょう。

長い間使用するという前提を忘れない

ランドセルの種類はとても多いので、色やデザインで考えてしまい、劣化するのか早く、結果的にランドセルでなくリュックを子供に持たせているという親御さんも多いのではないでしょうか。また、色に関してはあまり奇抜なものを選んでしまって、後で子供があまり使いたがらなくなったという意見もよく聞きます。ランドセルを選ぶ時は、これを買ったら6年間は買い替えないという気持ちが重要です。そういった前提でランドセルを選んでいけば失敗することは少ないでしょう。インターネットで失敗談なども見ておくと良いかもしれません。