登下校を考慮したランドセル選び

男の子

カラフルなランドセルで彩られる通学路

1年生になったばかりの子供にとって、慣れない登下校は不安だと思います。また親御様にとっても登下校は子供が事故に合わないか、怪我をしないかなどの心配がつきまとうと思います。しかし、赤や黒など遠くからでも色が目立つランドセルをプレゼントしてあげれば、そういった心配も少なくなるでしょう。子供が成長する上で、大人の手を借りないで学校に行くというのは非常に大切です。小学校高学年の子供たちが、小学校低学年の子供の面倒をしっかり見て学校まで連れて行ってくれます。逆に自分が小学校高学年になったときは低学年の子供たちの面倒をしっかり見てあげなくてはいけません。子供たちだけで班を作って集団行動することによって、子どもの社会性が身につきます。登下校は子供の成長にとって非常に大切なことなのです。品質の良いランドセルをプレゼントするということは、安全な登下校という面からも大切なのです。

品質のいいランドセルを背負って歩くことで体が健全に成長する

適度な重さで体にフィットするランドセルを選んであげることが、子供の体の成長にも関わってきます。子供が登下校する姿まで想像してランドセルを選んであげると良いでしょう。学校まで歩きで登下校する場合、毎朝運動するという習慣が自然とできあがることになり、子供の運動不足を解消します。そういった意味でも親の送り迎えでなく、子供だけで登下校するというのは大事なのです。天気が悪い日は余計心配だと思いますが、そういった時も傘をさしたり、雨カッパを着たりしてがんばって学校いくことが重要です。子供が少しずつ困難に立ち向かう力をつけてくれます。子供が1年生にあがったばかりでは、最初はとても心配だと思いますが、どんな天気でもなるべく歩いて学校までいかせましょう。子供の体も心も成長します。

登下校で友達ができる

登下校は小学生が友達を作る上で非常に大切です。女の子同士では楽しく会話しながら帰ったり、男の子同士は下校途中に虫を捕まえたり、一緒に走り回ったりすることで、友達との絆が深まります。今のお父さんお母さんも、小学校の登下校の思い出があることでしょう。自分が小学生だったときを思い出しながら、子供の登下校をサポートしてあげましょう。 登下校中に子供同士でいろいろ考えて行動することは、社会性を身につけたり友人との付き合い方を学んだりする上で非常に有益です。

ランドセルは登下校中の身を守る

走り回る男の子にとって、牛革のランドセルは怪我を防止する道具としても非常に役に立ちます。ランドセルは子供の体にフィットするように設計されており、接触や転倒など様々な場面から子供を守ります。もし子供が歩いて登下校するならば、ぜひランドセルを買ってあげましょう。いざというときに役に立ちます。

常に新しい発見がある通学路

大人になってしまえば、いつも歩いている道路から新鮮さを感じるということはあまりないかもしれません。しかし常に好奇心に満ちている子供の心なら、いつも同じ道でも常に変化を捉えることができます。通学路に花が咲いていたり、動物の死骸があったり、雨が降ったり雪が降っていたりと、子供は日常の些細な変化をとらえることができます。そういった機会を作ってくれるのが子供たちだけの登下校なのです。